skillup

技術ブログ

アーキテクト設計全般 プログラミング全般

Observeパターンについて

投稿日:2023年2月23日 更新日:

Observeパターン

主にログや履歴系のテーブルで多いかと思うのですが、あるモデルが更新されると別のモデルもセットで更新される、のようなケースがあるかと思います。

たとえばstockテーブルとstocks_historyテーブルのような関係ですね。

この場合、通常はstockテーブルのあとにstocks_historyテーブルを更新するなどのパターンが一般的です。

このようなときに使われるデザインパターンとしてオブザーバーパターンというものがあるそうです。

辞書的な説明だと、観察される側(=Subject)と観察する側(=Observer)に分かれ、される側のイベントがする側に検知され・・・というような説明になるかと思います。

(上記の例だとstock=Subjectとstock_histories=Observeがそれになるかと思います。)

ただこのページにはもっと非常にわかりやすく書かれており、

あいつに動きがあったらすぐに伝えろ。こちらもすぐ動く

と書かれておりました。わかりやすい・・・。

他参考リンクなど

https://qiita.com/shoheiyokoyama/items/d4b844ed29f84a80795b

Laravelで開発をしておりますので、Laravelのobserveパターンも見てみましたが、標準でこう言った機能が搭載されているのはありがたいですね。

他の対策

こう言ったデザインパターンは既存の実装でこのようなケースがよく使われており、その問題点を解決すべく生まれる・・というのが一般的ではないでしょうか。

まあフレームワークなんかもフレームワークがない場合にどのように対応していたか、を考えるとより理解度が深まると思います。

自分はObserveパターンをしらなかったため、この方法以外の場合、以下の2点のような手法が挙げられると思います。

プログラムで頑張って制御

一番一般的な対策手法ですね。stockのinsertのすぐ後にstock_historyのinsertを入れるとかですね。

メリット
  • 特別な知識がいらず、誰でもわかること
  • 柔軟性があること
デメリット
  • 漏れやダブりを常に検討しなくてはいけないこと
  • 保守期間などが長くなったり、プロジェクトメンバーの人数が大きくなればなるほど管理コストが上がる

Databaseのtirggerを使う(DB更新系のみ)

ObserveパターンはDBだけとは限りませんが、大概においてDB更新系の処理で関わってくる可能性が高いため、挙げさせていただきました。

自分もtriggerに関してあまり使ったことはないですが、片方のテーブル更新の検知を受けてもう片方が自動的にテーブル更新を受けるという仕組みです。

メリット
  • テーブル間の同士のつながりになり、漏れがなくなる
デメリット
  • テーブル自体の検知になるため、柔軟性に乏しく、イレギュラー条件分岐などをいれられない
  • プログラムと別管理になるので、管理コストが上がる

-アーキテクト設計全般, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ログ対策(どのように情報を抽出するか)

現在、現場でテストをやってるんですが、やることは昔と変わらずテストデータ作り、ログ、エラーハンドリングになります。 3年近くまえに↓のような記事をかいてました。 ログの設計指針について テストデータ( …

no image

オブジェクト指向 クラスの設計と業務ロジックの整理

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にクラスの作り方について。 Contents1 クラス設計と業務ロジック1.1 要点1.2 感想 クラス設計と業務ロジック …

no image

ステートパターンについて

トランザクション系のデータの場合、スタータスの遷移がキーになることが多く、仕様の把握に関してこの部分の理解が重要です。 今まで、ステータスの遷移に関してはExcelを使って表現していたことが多かったの …

no image

DIについての再考察

DIに関しては今までも何度か触れましたが、最終的には環境の差異を吸収できるなどが一番のポイントかと。 サンプルソース https://github.com/umanari145/effector 上記 …

no image

APIに関して

RESTAPIのルーティングで気をつけることなんぞを。 直近のプロジェクトではRESTAPIを作ることが多かったんですが気をつけることなんぞを。 Contents1 仕様書はソースから2 ツール3 命 …

アーカイブ