skillup

技術ブログ

PHP

eagar loading vs lazy loading

投稿日:

以前DBからのデータ取得問題でディフォルトだとlazy loadingが発生し、俗にいうN+1問題が発生するので、eagar loadingにすべきみたいな記事を書きました。

joinとeager loading

このときにlazy loadingってどんなメリットがあるのだろう・・と思っていたのですが、大量データをDBから取得する際に、メリットがあると気づきました。

eager loadingとlazy loading

そもそもの前提としてのeagerloadingとlazy loadingですが、一般的にはDBの例の中ででてくることが多いと思います。

例えばJOINなどでデータを取得する際が一番わかりやすいのですが、

eager loadingだと一気にデータを取得しますのでループでデータを発行する際などはイレギュラーなケースでなければ、基本eagerローディングが良いと思います。

よく出てくるのが以下の例だと思います。

【Laravel】Eagerロードについて解説

eager loadingの場合データを取得する際にまとめてデータを取得するので、クエリの発行回数が少なくなります。

で、肝心のlazy loadingですが、そもそもの意図は遅延処理です。webページを読み込んだときに全てのデータを読み込んでから表示されるわけではなく、だんだんと表示されていきます。(画像なんかが多いページだとだんだん画像が表示されることがあるとおもいます。)

この場合、すべての画像を読み込むのが時間がかかるため、このような処理にしているのだと思います。

なのでDBからデータを取得する際も、効果を発揮するケースとしては、大量のデータを取得し、順々にループさせていく・・処理になります。chunkとほぼ同じですね・・

一般的には以下のように

  • 大量データを取得する際に一気に読み込むとメモリを圧迫する
  • 分割処理をすることでメモリを節約できる

などのケースで使います。

LazyCollection備忘録

Laravel クエリビルダ記法まとめ#分割処理

集約の実装とLazy Loading
 

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

composer経由でのpearライブラリのインストール

2018年7月現在、PHPのライブラリはほとんどComposer経由でインストールできるかと思いますが、稀にComposerに対応していないものもあり、その場合、pearから取得してくる必要があります …

no image

streamについて

CSVダウンロード機能などを実装していて、動くコードはかけていますが、内容をよく理解していないことも多かったです。 今回はストリームについて。 ストリームとは 主にデータの総量がわからないケースでよく …

no image

エラーハンドリング

エラーが起きた時にPHPだと画面に出ますが(出ない場合は画面が白くなります)、これを検知し、ログに吐いたり任意の処理をできるのがエラーハンドリングです。 フレームワークなどにはほぼこの仕組みが内在して …

no image

PHPでのコンソール入力に関して

PHPはほとんどの場合、ブラウザでURLをたたいてWEBサーバーから呼び出されるパターンがほとんどです。 ところが、コンソールから使いたい場合などもあるでしょう。 コンソールから入力する場合、なんらか …

no image

PHPにおけるstaticキャッシュ

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。 PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。 キャ …

アーカイブ