skillup

技術ブログ

JavaScript

React×TypeScriptをさわって

投稿日:

新年から新しい現場でReact × TypeScriptを触るようのなのですが、予習していて気づいたことを。

ほとんど雑記ですね・・

  • 当たり前ですが、データの管理の仕方などはVueと似ているため、やっていることがある程度活かせる
  • ES6以降のJSの理解がやはり最重要。スプレッド構文や分割代入がよくわかってませんでした・・・
  • TypeScriptだと型があり、やはり安全
  • Vueもそうでしたが、やはり状態管理とスコープが肝
  • webpackの設定が面倒でreact-scriptつかいましたが、便利すぎる・・・
  • 学習コンテンツが私がエンジニア始めた頃より充実してて嬉しい(Techpitはおすすめ)
  • レンダリングタイミングの理解が鍵っぽい
  • フロントエンドは技術の変遷早くてきつい・・・

 

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jquery multipleについて(基本編)

selectで複数選択をするときには通常のプルダウンでも可能ですが、プラグインを使うともっとスマートに対応できます。 今回私が実装したかったのがCSVアップロードorダウンロードで項目を自由に変更した …

no image

AngularJSでのHtmlFormオプション+Filter

AngularJSにてHTMLのFormオプションの書き方など。 Contents1 HTMLオプション1.1 プルダウン1.1.1 配列型1.1.2 ラベル型1.2 チェックボックス1.3 ラジオ1 …

no image

複数の非同期処理終了後(when&Promise.all)

JavaScriptで複数の非同期処理(例:API)を走らせて、その非同期処理が全て終わった後で、何らかの処理をしたい時について。 Contents1 when2 Promise_all when j …

no image

vueでのコンポーネント間の変数のやりとりに関して

vueをコツコツと勉強していますが、コンポーネント間で変数の受け渡しをしたいときなどは色々注意が必要かと思います。 個人的には下記のような解釈で組んでおります。 Contents1 vuex2 syn …

no image

モジュールバンドラparcelについて

現在のフロントエンドだと、es6以降の書き方が主流になっていることもあり、一度慣れてしまうとなかなか戻れない便利さがあります。 私の場合、設定が面倒だったり、Chromeではトランスパイルしなくても動 …

アーカイブ