*

サービスを売るのに必要な能力

公開日: : 最終更新日:2016/05/12 IT業界の実態

ゴールデンウイークで更新をサボっておりました(汗)今回はちょっとマーケティングのお話について。

エンジニアの中にはWebサービスを作りたいって人もいらっしゃるでしょう。私も短期間ではありますがWebサービス的なもの・サービスを運営しておりました。

詳しくは下記を参照

初心者でもできる!作れる!WEBサービスの開発 その1 準備編
初心者でもできる!作れる!WEBサービスの開発 その2 制作体験記編
初心者でもできる!作れる!WEBサービスの開発 その3 運営体験記編
初心者でもできる!作れる!WEBサービスの開発 その4 総まとめ編

その時にもいろいろ書きましたが、改めて大事かなあと思う考え方をかいておこうかなぁと思います。自分向けの意味合いが強いです。

Webサービスを売るとは・・

Webサービスを作って成功するためには

  • サービス自体を作るスキル(技術的なスキル)
  • 人を集め、お金にするスキル(お金にしない人もいるのでその場合は除きます。)

の2つが必要です。

前者はわかりやすいと思いますが、後者のほうが能力を定義するのは難しいでしょうね。

今回はWebサービスのみならず、もの・サービスを売る能力を考えてみようと思います。

えーといいたいことは「行動力が大切だよ」っていうそれだけですけど(汗)

結果が安定している世界での能力

これと比べると学校の勉強、スポーツ、プログラミングというのは運の要素は低いです。(ゼロではありませんが・・)

学校の勉強はある程度、勉強時間に応じて結果が決まりますし、試験を受ける前に結果を予測することが大体可能です。偏差値に比例して合格可能性がわかります。結果はきれいな分布になり、この前提が崩れると模擬試験や偏差値自体が成立しません。

例外はありますが、運の影響力は学力本来に比べると微々たるものです。スポーツやプログラミングでも同じだと思います。結果を引き起こす「能力」を測ることは比較的簡単で、結果は大体その通りになります。

もの・サービスを企画して売る能力

私は「もの・サービスを企画して売る」というのはこれと別次元の能力だと思います。

ある商材を企画してすごく売った人が同種の別の商材を企画して扱ったところ全然売れないなんてことは珍しくありません。こういう仕事に従事している人で継続していつも決まった量を安定的に売れる人というのは非常に稀でしょう。

「もの・サービスを企画して売る」という行為は運の要素が非常に強いため、能力の認識が難しいと思うんですね。

別の角度からもの・サービスを企画して売る能力を考えると「マーケティング」などの知識でしょうか。

おそらくゼロではないでしょうが、いくらマーケティングについて勉強してもそれが学校の勉強や、プログラミングのように即結果を引き起こすことは稀だと思います。

行動力の大切さ

私自身、現時点で、もし「もの・サービスを企画して売る能力」を定義しろといわれたら「行動力」とこたえます。

偶然性が高いのだから考えるより、まず行動してみる、っていう思考ですね。例えばこういうサービスを作りたいんだけど・・と人と話せば多くの場合、

作る前から

  • 「これこれこういう理由でダメ」
  • 「ここをもっとこういう風にしたらいいと思うよ」
  • 「過去に似たようなことやったけどダメだったよ」
  • 「自分の経験ではここをこういう風にしたらうまくいったよ」

などの議論が始まります。議論はいいのですが結局、行動しないで終わることが多いです。

「いろいろ考える要素はあるが最終的にはわからない。運の要素も大きいからコストを小さくして、とりあえずやってみよう。そのうえで反応がよかったもの・サービスを伸ばしていきましょう」という人は少ないです。

  • 「ある程度目星をつけたらとりあえず行動する」
  • 「やる前に過度に先入観は持たない」
  • 「行動した後でフィードバックを与えていく」

という精神が必要かと思います。

 ホリエモンからのアドバイス

この点では以前も似たような文章を載せましたが堀江さんのアドバイスが参考になります。

堀江さんのアドバイスは「もの・サービスを企画して売る」ではなくて、起業全般に関してなんですが、本エントリーとの関連が強いので引用させていただきます。

堀江貴文「起業で成功するのは行動力のあるバカか天才のどちらか。大抵の人は天才ではないから、すなわちバカになるしかない」

以下引用

意外と学歴は関係ないようにみえる弱肉強食の起業の世界。東大在学中にウェブ制作会社「オン・ザ・エッヂ」を興し、後にライブドアを買収した堀江貴文氏は起業で成功する人物像についてどのように考えているのだろうか。

結論から言えばホリエモンの考えは「起業で成功するのはバカか天才のどちらか」だ。

正確にいえば、いくら失敗しても果敢に挑戦し続け、いつかまぐれで成功してしまう行動力のあるバカタイプか、他人ができないようなことを見事にやってのける天才タイプの2種類に分別できる。この考えが披露されたのはYouTube番組「ホリエモンチャンネル」での一幕だった。

「ホリエモンさんからみて素質のある起業家像ってどんな感じですか?」

収録スタジオにいた男性がホリエモンに直接質問すると、ホリエモンは端的にこう答えた「あのね、バカか天才かどっちかですね」。そして言葉をこう続ける。「大体僕の周りの社長ってバカばっかなんですよね。頭悪い人多いですよね」

「後先考えないんですよ。あーこれだと思ったらガーと行っちゃう。だからうまくいく」

「しかも、何回も失敗しても気にしないんですよ。周りの人たちに『ごめんなさーい!』って言ったらもう忘れてる」。そして注目すべきはここから。ホリエモンの考えによると、天才には決してなろうとしてなれるものではないからもし起業で成功したいと思ったらバカ(深く考えずとにかく行動を起こす人)になるしかないのだという。

ホリエモン「バカになるしかない!!自分でバカになるしかない!!」

(別番組での動画での発言)

(1分30秒付近)

加藤「バカでも年収1000万稼げるというテーマなんですけどこれはありえますか?」
堀江「バカのほうが稼げるとおもいます。」
加藤「バカのほうが稼げる!?」
堀江「バカってなんでこんなリスクの高いことをするの?みたいな眉をひそめるような行動をなんの躊躇もなくやっちゃうんですよ」
加藤「こう、枠からはみ出るのがバカだと」
堀江「そう、バカはすごい確率で失敗するけど、バカだから失敗を失敗と思わずまたやっちゃうんですよ。」
堀江「5回10回やってるとたまたま当たったりするんですよ。」

私は別に堀江さん信者じゃないんですけどね。似たようなところでいろんなことをいってますので、この考えは参考にはなるなぁと思います。

好きであることの大切さ

また結果が出るまでに長く時間がかかるようなものは当たり前ですけど、やはり好きであることが大切ですね。

  • 努力・行動量がすぐに反映されない
  • 努力・行動しても結果がでるかわからない

こういったものを努力できるようには人間はうまくできてはいないです(汗)

その場合、行為自体に動機づけが必要になってくるわけで単純ですが好きで続けられるというのは非常に大きいです。

補足

本文中では行動力の大切さを強調するためにマーケティングをディスってるように見えますが、マーケティングを勉強することで破滅的なリスクを減らしたり、新しい視点や過去の分析などをする面では役に立つと思います。決して全否定ではないです。

関連記事

非エンジニアがプログラミングを学ぶことの最大のメリット

本日は非エンジニアの方がプログラミングができることのメリットについて書きます。 一般的にプログ

記事を読む

エンジニアを採用する上で大事なこと

本日はエンジニアの採用について書きたいと思います。最近少し採用に絡んだ仕事をしていまして、経営者の方

記事を読む

転職エージェントについて

さて、エンジニアとして転職を考えている人であれば転職エージェントを使っている方も多いのではないでしょ

記事を読む

プログラミングや就職以前に大切な情報リテラシーについて

プログラミングの学習や就職活動をしていると本当に様々な情報が出てきます。 例えば以下のようなこ

記事を読む

Java/PHP/Perl/Ruby/Python 主要Web系言語徹底比較

本日はWeb系で使われているプログラミング言語の比較をしてみようと思います。 Web系で使われ

記事を読む

プログラミングスクールを選ぶときの口コミの考え方

先週は更新できませんでした・・。 更新を楽しみにしていた方がいたら申し訳ありません(汗)

記事を読む

30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして就職するまで 技術編

ブログをはじめて1年半がたち、一番読まれた記事が「30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして

記事を読む

「初心者が勉強するのに良いプログラミング言語は何ですか?」を真面目に考えてみる

プログラミングをそもそもやったことがない方であれば、タイトルのように「どのプログラミング言語をやった

記事を読む

IT業界はなぜうつになる人が多いのか?

こんばんは。こんな時間(深夜2時半)になってもねれない松本です。別になにかあったわけではないのですが

記事を読む

お金をあまりかけずにプログラミングを学習する方法

私がプログラミングを覚えたのは5、6年前ですが、学習環境は非常に向上しており、情報は格段に得やすくな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

転職エージェントについて

さて、エンジニアとして転職を考えている人であれば転職エージェントを使っ

エンジニアが転職して年収を上げる方法を考えてみました。

えー前回の記事でも書きましたが、2020年2月現在転職活動中です。

2020年のご挨拶

今更ですが、明けましておめでとうございます。 2019年も2本し

自社開発>客先常駐である本当の理由

このブログでも何回か取り上げていますが、ITエンジニアの働き方としては

エンジニアにとって必要なコミュニケーション能力とは

気がついたらもう3月下旬になっていますね・・ 年末年始忙しかった

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑