*

客先常駐のメリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2018/05/27 IT業界の実態 ,

転職相談でも少し触れましたが、IT業界では客先常駐と言いまして、ある会社の社員でいながら、派遣のように別の会社で働くケースが非常に多いです。

私も現在この形態です。SESという呼び方をします。

この形態だと技術者を派遣する側は売上が確実にたつ、基本赤字にならない、というメリットがあり、技術者を受け入れる側は社員として雇わなくていい、というメリットがあります。

「派遣のような」と書いたのは正確には派遣ではなく、準委任契約という業務委託だからです。

契約上は派遣ではないのですが、実質派遣のようになってしまっていることが多いです。

本当に業務委託に近いような形態で仕事をしているところも数は少ないそうですがあるようです。

実質、違法であることや、中間マージンなどの問題などから世間一般のエンジニアの間ではあまり評判がよくないようです。

この働き方を撲滅しようと運動(?)のようなことをされている方も目にします。

このブログの(と言いますか「私の」ですが)哲学の根本は「全ての物事にはメリット、デメリットがある」ですので、技術者から見てこの働き方についてのメリット・デメリットを考えてみようかと思います。

以下、自社開発という言葉を使いますが、この言葉はSESでない会社と考えていただければと思います。

メリット

就職がしやすい

これが最大のメリットですね。前回の就職相談でも書いたのですが、SESの場合、社員を雇っても自社で仕事をさせるわけではなく、客先に送り込みますので、スキルがなくても売上がたちます。

もちろんスキルがないと単価が安い、客先に入ること自体も困難になる、切られる可能性が高いなどのリスクもありますが、通常社員として取るよりはリスクが低いかと思います。

そのため、自社開発で社員を雇うケースと比べてスキル部分の採用基準がゆるいことが多いです。

IT企業なのに実務未経験者大募集!となっているところは大体SESかと思います。

プログラマの場合、未経験者でも独学で頑張り、GitHubにソースをあげたり、ブログでのアウトプットなどで就職せずともスキルを可視化できることはできますが、

  1. IT未経験者が独学で実務に通じるスキルを身につけるのは非常に困難
  2. 就職では年齢+実務経験の比重が大きく、そもそも実務未経験者は自社開発会社では門前払いされることが多い

の2点からSESで実務経験を積むことが現実的な選択肢かと思います。

1「IT未経験者が独学で実務に通じるスキルを身につけるのは非常に困難」ですが完全未経験独学者で就職をクリアするレベルまでいける方はおそらく5%未満かと思います。

そんな人にあったことはないので1%と書いてもいいですが、私のサンプルが50人以下ですので、5%にしておきます(汗)

完全未経験独学者・・プログラムをそれまで1行も書いたことがない、周りに聞ける方が1人もいない独学者、情報源はネットや書籍の情報だけと定義します。

15年ぐらい前から比べるとプログラミングの勉強環境は格段に向上しましたが、それでも完全未経験者にとっては敷居が高く、Javaなんかを選んでしまった場合、半分以上の方はHello,Worldの出力さえできないでしょう。

今プログラマになっている方で「ネットの情報だけで独学だけでもいける」「俺はそうやってやってきた」というアドバイスをする方がいます。

こういった方は完全未経験独学者に会うケースはないのか、自分自身の能力を誇示したいのか、統計・情報リテラシーが弱いのか、現実的な選択肢を考慮されない方が多く、無責任な嘘をつきます。

有料のスクールでもいいですが、非常に高額(20万以下は少ないと思います。)でかつ選択肢もあまりないので、難しいと思います。

IT業界でスキルを身につけるにはこのような敷居の高さがありますがSESだとこれがゆるいことがまずはメリットになります。

2「就職では年齢+実務経験の比重が大きく、そもそも実務未経験者は自社開発会社では門前払いされる」ですが一般に就職では実務経験が何よりもものを言います。

実務未経験だとそもそも資格がない、ということになります。そのため未経験者はSESでまずは実務経験を作ることが現実的かと思います。

またフリーランスなどになってもSESだと、受け入れる側のリスクが低いため、プロジェクトに入りやすいのはメリットと言えるでしょう。

ちなみに私は独学に近い形で頑張り、バイトに近い形からキャリアを作りましたので客先常駐の経歴で未経験者から経歴を作ったわけではないですが、客先常駐の方が簡単だろうなあとは思います。

色々なプロジェクトを経験できる

これは副産物的なもの、かつ人によってはデメリットかもしれませんが、数ヶ月程度で職場を変わることが多いので、色々な技術を学ぶ機会に恵まれます。

自社開発の場合、同じ技術をずっと使い続けることが多いかと思いますが、IT業界は技術の流行り廃りが激しく、ずっと同じ技術を使い続けるのはスキルという点でちょっとデメリットがあるかもしれません。

本当の派遣(契約的にも派遣という意味です。)会社に所属しても同じですが、現実的にSESの方が仕事の数が多いため、選択肢は広いでしょう。

デメリット

中間マージンが大量に抜かれる

SESが正確な派遣でない一番のデメリットかもしれません。派遣だと多重派遣(技術者を送る側と受け入れる側に何社も入ること)ができません。

SESの場合、正確には派遣ではないため、仲介業者が入ることも多々あり、仲介業者が入るほど技術者の賃金は減ります。

また仲介業者というのは最初に仕事を紹介してくれるわけですが、一旦決まると特に何かしてくれるわけではなく、自動的にずっと中間マージンを取られ続けることになります。

このせいで技術者の賃金はその分減ることになります。

違法であることが多い

SESは準委任契約を結んでいることが多く、正確には客先で仕事をしていても、場所を借りているだけで仕事に関する指示は契約上は受け付けないことになっていますが、それをしっかり守っているところはあまりありません。

上長がいて、指示を受ける、いわゆる派遣社員のように仕事をするケースが圧倒的に多いのですが、これは本来違法です。

そういうもんだ、と思って仕事をしている方からすると特にデメリットはないかもしれませんが、契約形態は違うのに自社以外の人間に拘束されるのはデメリットと考えても良いでしょう。

切られる可能性が常にある

これは仕事ができない場合もそうですし、単純に客先の仕事が減った場合も当たり前ですが真っ先に切られることになります。

職場がコロコロ変わる

せっかく職場の人と信頼関係を築いても数ヶ月でプロジェクトを変わることが多いため、一から新しい場所で人間関係をきずかなくてはいけません。

私はまだそこまで客先常駐の経験はないですが、新しいところで信頼を再構築しなくてはいけないというのはデメリットかと思います。

ただ、嫌な職場になってしまった場合も数ヶ月で変わることが多いので、この点はメリットと考える方もいるかもしれません。

以上、客先常駐のメリット、デメリットを自分なりにあげてみました。

スキルがつかない可能性もある、年齢が高くなると仕事がなくなるなどのデメリットをあげる方もいるようですが、これは別に客先常駐に限った話ではなく、就職一般に関する問題なので取り上げませんでした。

ネットですと、極端な意見や片方を強調しすぎた意見が散見され、そういったものほど支持を受けやすいのですが、全ての物事にはメリットとデメリットがあります。参考になれば幸いです。

また当たり前ですが、一般論ですので、SESだけど就職が難しい、自社開発だけど就職が簡単というケースも当然あるかと思います。

関連記事

現役講師が教えるプログラミングスクールの選び方

私は新卒でこの業界に入ったわけではないのでプログラムを覚えるのに一時期プログラミングスクールに通って

記事を読む

あなたのPHPレベルを判定してみよう!未経験者限定スキル判定表

プログラムを勉強していると自分のレベルみたいなものが気になる方は多いでしょう。 私の場合も独学

記事を読む

転職エージェントについて

さて、エンジニアとして転職を考えている人であれば転職エージェントを使っている方も多いのではないでしょ

記事を読む

無料プログラミングスクールのメリット・デメリット

一般的にプログラミングのスクールというのは高額です。 30万以上するような講座が普通なので、ぽ

記事を読む

エンジニアの「スキル」とはなんぞや

給与が低いことに悩んでるエンジニアへのアドバイスをツイートで見たところ「スキルをあげれば良い」みたい

記事を読む

いつやるか?いまでしょ

プログラミングスクールを100倍活用する方法

今回はプログラミングスクールネタです。 ちなみに最近このブログのアクセスをよく見ますが、スクー

記事を読む

Java/PHP/Perl/Ruby/Python 主要Web系言語徹底比較

本日はWeb系で使われているプログラミング言語の比較をしてみようと思います。 Web系で使われ

記事を読む

プログラミングは文系、理系どちらが有利か?

プログラミングに関する質問として 文系だとダメですか? 理系のほうが有利なんですか?

記事を読む

IT業界に入って嫌だったことワースト3

さて前回がよかったことなので今回は当然のごとくIT業界に入って嫌だったことなんぞを。 嫌だったこと

記事を読む

30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして就職するまで 技術編

ブログをはじめて1年半がたち、一番読まれた記事が「30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして

記事を読む

Comment

  1. […] 客先常駐のメリット・デメリット […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

転職エージェントについて

さて、エンジニアとして転職を考えている人であれば転職エージェントを使っ

エンジニアが転職して年収を上げる方法を考えてみました。

えー前回の記事でも書きましたが、2020年2月現在転職活動中です。

2020年のご挨拶

今更ですが、明けましておめでとうございます。 2019年も2本し

自社開発>客先常駐である本当の理由

このブログでも何回か取り上げていますが、ITエンジニアの働き方としては

エンジニアにとって必要なコミュニケーション能力とは

気がついたらもう3月下旬になっていますね・・ 年末年始忙しかった

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑