*

データを扱ってみよう その3(多次元配列)

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 PHP, 講義

お疲れ様です。松本です。

さて前回の「データを扱ってみよう その2(配列)」から若干日が開いてしまいました。今日はその続きで多次元配列を学習します。配列は難しい、難しいといいつつ、前回の内容はそれほど難しくなかったでしょう。

今回の多次元配列もそれほど難しくありません。難しいのは実際の業務で使いこなすときですね。ただ内容は超重要ですのでしっかりと学習しておきましょう。

多次元配列とは?

前回の復習をざっとしておきますと、配列は複数のデータの格納、連想配列はラベル付きのデータの格納でした。

ともに下記のようにしてデータを格納します。

普通の配列

連想配列

多次元配列はここからさらにステップアップし、配列の中に配列をいれます。これを多次元配列といいます

一般的なデータの構造

多次元配列と聞くとなんだかとっても難しそうですが、ようは人間がデータを扱う一般的なデータの型と覚えておけばよいのではないでしょうか。

普段皆さんは仕事をされていてたとえばお客さんのリストを作るとき、エクセルなどで作っているでしょう。

よほど特殊な方でない限りは以下のようなリストを作るのではないでしょうか?

SnapCrab_NoName_2015-4-29_16-57-32_No-00

日常的に扱うデータとはほとんどがこのような形で収まっているはずです。実はこれをそのまま格納しようとしているのが多次元配列になります。普通の配列では扱えないですし、連想配列でも一列しか格納できません。すべてのデータを格納するには多次元配列を使います。

以前の授業では私はエクセル型配列といっていましたね。

多次元配列の定義

上記のようなエクセルを配列にする場合、PHPでは以下のように配列を定義します。

よく見ると配列の中にさらに配列が入っているのがわかると思います。1列1列は連想配列です。連想配列を1つの塊として配列の中に入れている、と考えるとスムーズかと思います。

ちなみに初心者の方はカンマの位置でエラーがでやすいです。

コツとしては上記のように配列をしっかり整理しましょう。別に整理せずに、

のように書いてもいいですが、よほど特殊な思考の方でない限りは見にくい・・・と思うでしょう。

ちなみに実務ですとこの手の書き方をする人にたまにあいます(爆)

値のアクセス、変更、追加

多次元配列のアクセスの仕方も基本的は同じです。たとえばyamadaさんのメールアドレスを表示させたい場合、配列は0番目のemailなので、

としてあげればOKです。
ちなみにsuzukiさんの年齢を変更(31→33)させたい場合

と書いてあげればOKです。
また一列追加する場合は3番目の配列の追加ということで

でもよいですが、通常はわざわざ何番目ということを調べるのがめんどいので

のように大きい配列の中に小さい配列を入れるという書き方をすることが一般的です。

これで多次元配列の定義と値へのアクセス、変更、追加は終わりです。

「これだけ?」と思った方もいるのではないでしょうか。

確かに基本はこれだけなのですが、あとはこの配列を自由自在に使えることが大事です。まだ他の構文をレクチャーしていないので、発展的な使用法に使い方に関してはおいおい説明をしていきます。

関連記事

プログラミングを独学で身につけるための4ステップ(実践編)

前回の記事ではプログラミングを独学で身につけるための心構え的なお話をしました。 今回は、実際に

記事を読む

30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして就職するまで

のっけからストレートなタイトルでスイマセン。 昨日ブログのアクセスをいろいろとみていましたが、

記事を読む

セミナー告知のお知らせ

突然ですが2018/06/16にIT業界への就職希望者を対象とした無料プログラミングセミナーを開催さ

記事を読む

勘違いしてはいけない未経験ややる気という言葉

かなり久しぶりの投稿になってしまいました・・・ 以前ダイエットに成功し、2年以上かけて10kg

記事を読む

15時間でプログラミング言語の基本をマスターする方法

今回は主に経験者向けの記事となります。 タイトルの通りなのですが、私が新しい言語をマスターする

記事を読む

データを扱ってみよう その1(変数)

こんにちわ、松本です。 前回の記事は読んでいただけたでしょうか。私よりPHPに関して知識のある

記事を読む

PHPで掲示板を作ろう!(データベース編) その6 まとめ編

今回はMySQLの第6回目の講義です。今回で終わりですので、ソースの説明と今までの解説の概略を書いて

記事を読む

PHPで掲示板を作ろう!(データベース編) その4 SQL編

今回はMySQLで掲示板を作ろうの続きです。前回のMySQLの講義が11/18日ですね。 2か

記事を読む

初心者がプログラミング学習で挫折しないために大切な2つのポイント

ブログを開設してから半年近く、記事にして70ちょっと書いてきましたが、人気のある記事を見ていると大き

記事を読む

CMSの大まかな構成

前回に引き続き、CMSの大まかな構成について話したいと思います。 HTMLサイトとの違い CMS

記事を読む

Comment

  1. […] ①外部装置へのデータ格納 一番大きなポイント。 HTMLでサイトを作る場合、文章や情報はHTMLソースの中に書かれるが、 PHPなどで作るWebアプリの場合、 ソースの中に情報はないことが一般的。 なので、情報を格納しておく外部装置が必要。 テキストファイルを使うケースと、データベースを使うケースがある。 今回は最初なのでテキストファイルを使っているが、 ある程度の規模になるとデータベースを使う。 ②ファイルポインタ ポインタとは、外部装置からデータを読み込む時に必要なるもの。 ファイルポインタとは、どこからファイルに 読み込みや書き込みをするのかの始まりの位置。 ③配列への格納と操作 求めるデータを配列にしっかり格納して、表示できるか。 人間がデータを認識するのは、「配列」という形である。 ※参考:日記0827。プログラミング学習 ※参考:日記0831と0901 ※参考:日記0902 配列の処理はとても重要。 プログラマーである以上、配列処理のような事は毎日やるようになる。 早い段階でこの処理に慣れるのが重要。 配列操作はPHPに限らずプログラムにおいて超重要。 配列の操作ができないプログラマーは、 かわいくないアイドルや体力のないアスリートのようなもの。 配列の操作は簡単に見えがちだが、 実際に操作をすると難易度が上がるので注意。  www.dt30.netデータを扱ってみよう その2(配列) | ガチンコPHP塾http://skill-up-engineering.com/gachinko/?p=103こんばんは松本です。 少しずつ暖かくなってきましたね。暖かいのはいいんですが、オフィスでブログを書いているときに蚊にさされることがありました。蚊はとっても嫌いです(涙) 今回と次回は配列というものを扱います。これをうまく扱えるようになっておきましょう…  www.dt30.netデータを扱ってみよう その3(多次元配列) | ガチンコPHP塾http… […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

転職エージェントについて

さて、エンジニアとして転職を考えている人であれば転職エージェントを使っ

エンジニアが転職して年収を上げる方法を考えてみました。

えー前回の記事でも書きましたが、2020年2月現在転職活動中です。

2020年のご挨拶

今更ですが、明けましておめでとうございます。 2019年も2本し

自社開発>客先常駐である本当の理由

このブログでも何回か取り上げていますが、ITエンジニアの働き方としては

エンジニアにとって必要なコミュニケーション能力とは

気がついたらもう3月下旬になっていますね・・ 年末年始忙しかった

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑