*

ユーザーのことを考えよう! その1

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 ぼやき

しばらく更新が滞っておりました・・・

ちょっと掲示板のネタではなく、システム開発者にとって重要な考え方について書こうと思います。

どちらかというとマーケティングに近いかも・・

プログラマのレベルとは

先日ある方に、ユーザーにとっては最新技術であろうが、エクセルであろうが使いやすければ関係ない!

といわれハッとしました。

というのも開発者の間ではいかにいいソースが書けるかが大事であり、全く同じように動いているお問い合わせフォームを見ても、

  • とりあえず要求された仕様のみを満たしたお問い合わせフォーム
  • 保守性や可読性を考慮して作られたお問い合わせフォーム

では全く要求されるスキルが異なってきます。

私は初学者にPHPを教えるという仕事をしてきたのですが、お問い合わせフォームを作れというとみんな馬鹿にするんですね。

そんなの作ってもしゃーないでしょうと。

確かに就職の面接でもお問い合わせフォームぐらいしかできないんですね・・とマイナス評価をうけることはあります。

が、実はお問い合わせフォームでもフレームワークを自作するぐらいの視野で開発できれば十分に技術レベルをみせることはできます。

真面目な開発会社では面接の際にソースを見せてくださいなんていうところもありますね。

要は保守性や可読性を考慮したソースを書いているのかを見たいのだと思います。私が毎日仕事で書くときも基本的にこの2点にはいつも注意しています。

この2点が基本的にはプログラマのスキルレベルになってきますので。

ソースのレベルはユーザーには関係ない

が、ユーザーからみると動いていればどちらでも関係ありません。

1年目の子が作ろうが、20年のキャリアがあろうが、バグがなければソースの質は関係がないからです。

ソースのレベルは言ってしまうと、いい意味でも悪い意味でも開発者のこだわりという部分があります。

確かに必要以上にこだわりすぎると開発者のマスターベーションになってしまいます。

もちろんソースのレベルが低くてもいいなんてことはありません。

デメリットはもちろん理解しておくべきで、ソースのレベルが低いとメンテがしにくく、回収コストが甚大になります。

技術レベルもユーザーには関係ない

これもプログラマのレベルと同様ですが、古い技術を使おうが新しい技術を使おうがユーザーには関係ないです。

極端に言えば100年前の技術を使っていても使いやすければ何の問題もありません。

単純に技術者からすると新しい技術のほうがモチベーションがわきますし、いろいろと試したいことはありますが、確かにユーザーからすると関係ないことが多いです。

ユーザーの立場になることは難しい

ここまで読まれて「そんなこと・・・当たり前じゃない?」

と思われた方はおおいかもしれませんね。断言してもいいですが、

全然当たり前じゃありません!!

自分自身の仕事でも本当にそう考えられるでしょうか。

おそらく作り手や売り手ががんばっているところやウリにしたいポイントと買い手の興味が一致する確率はそれほど高くありません。

作り手はどうしても毎日その製品に携わっていますので、品質に対してはいい意味でいうとこだわり、悪い意味でいうと自己満足に陥る傾向が往々にしてあります。

難しい言葉でいうと過剰品質です。

私も塾で教えていた時は教え方にこだわっていましたが、これが典型的な過剰品質かなあと思います。

生徒や保護者からすると

  • もっと優しい、見た目のいい先生のほうがいい
  • きれいな教室がいい
  • 連絡をまめにしてほしい

などのほうが需要としてあったりします。

蛇足ですが教育者上がりの人間が塾を運営すると上記のような視点に目がいかないことが多く、経営がうまくいかないことが多いです。

電化製品なんかでも女性の場合、スペック的なことにはあまり関心がないので、デザインや色、その商品を使うイメージのほうを優先します。

その場合、機能面全てが過剰品質になります。

自分が力をいれているところとユーザーのニーズが一致することはずれていることが圧倒的に多いです。

次回は開発者にとって大事なユーザー目線について書きます。

 

関連記事

行動力の定義

現在、開発の業務のほうが忙しく新規に受講生の方は募集していないのですが、講座の問い合わせがあり、「ど

記事を読む

ダイエットで学んだ2つの大切なこと ~自己管理能力と情報リテラシー~

今回はPHPとは直接関係ないですが、「物事が続かない・・」と悩んでいる方には参考になるネタです。

記事を読む

現役講師が教えるプログラミングスクールの選び方

私は新卒でこの業界に入ったわけではないのでプログラムを覚えるのに一時期プログラミングスクールに通って

記事を読む

部下や後輩に指導するときに気を付けたいこと

学習塾では勉強を教え、今ではプログラミングを人様に教えております。 もともと予備校生だったとき

記事を読む

ユーザーのことを考えよう!  その2

前回のエントリーでは作り手の多くは自分目線で製品品質を考えてしまいがちなことを強調しました。

記事を読む

近況報告など

あまり更新できず、記事を楽しみにしているかたがいたら申しわけありません・・・ 長くやってきまし

記事を読む

ガチンコ塾の由来

えー最近はPHPの講義を真面目にやっていますね(笑) 本日はPHPの講義ではなく、ガチンコ塾の由来

記事を読む

優れたエンジニアの定義

PHPはとうとう7がリリースされましたね。 自社でHeroku上でアプリを1つ運用しているんで

記事を読む

エンジニアが転職して年収を上げる方法を考えてみました。

えー前回の記事でも書きましたが、2020年2月現在転職活動中です。 この転職なんですが、ものす

記事を読む

きつかった授業の体験談

今回は講師をやっていたきつかった授業のことなどを。 講師業をやっていますと、楽しかった授業、大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

転職エージェントについて

さて、エンジニアとして転職を考えている人であれば転職エージェントを使っ

エンジニアが転職して年収を上げる方法を考えてみました。

えー前回の記事でも書きましたが、2020年2月現在転職活動中です。

2020年のご挨拶

今更ですが、明けましておめでとうございます。 2019年も2本し

自社開発>客先常駐である本当の理由

このブログでも何回か取り上げていますが、ITエンジニアの働き方としては

エンジニアにとって必要なコミュニケーション能力とは

気がついたらもう3月下旬になっていますね・・ 年末年始忙しかった

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑