skillup

技術ブログ

ドキュメント作成 プログラミング全般

ファジープロジェクト対策 その2

投稿日:

前回に引き続き、大事だと思ったこと。一部単なるフレームワークの作り方的な内容になっているかも。

テンプレート共通化

ラジオ、セレクト、チェックボックスなどはテンプレート化しておき、1行もしくは数行で処理がかけるようにしておくこと。

バリデーション

エラーのタイプを設定ファイルなどに定義しておき、できれば本来のロジックはほとんどいじらずにバリデーションチェックができるようにしておくこと

なおイレギュラーパターンに対応できるようにそうでないパターンにも対応できるようにしておくこと。

ログ出し

ログをまめに出す。もちろんレベル分けを行う。

具体的には下記のような段階

  • SQL(重要度で言うと最低、いわゆるdebugレベル)
  • 何らかの処理の開始と終了。処理のメモなど(infoレベル)
  • 望ましくないところ、あるいは異常系の処理(warn,またはerror)

異常系の処理

DBの前後は必ずtry〜catch・・で挟み異常処理が発生した場合に、rollbackできるようにしておくこと。

異常があった場合、

  • 全ての処理を終わらせるのか?
  • 特定の処理だけを終わらせるのか

をしっかりと分けること。

もちろんログの記録は単なるエラーではなくスタックトレース的なものがしっかりと吐かれていることが大切。

新規プラグイン+新規ライブラリ調査

もっとも時間がかかり、知識などで対応できないこともあるので厄介。

シンプルで最小構成のサンプルなどを用意しておき、試しておき、現在のアプリに対応できるようにすること。

CSSフレームワークの活用+頻出CSSについて

プログラム同様、フロントエンドでも頻出のCSS、関数などに関してあらかじめ定義しておき、一発で反映できるようにしておくこと。

個人的にCSSフレームワークはBulumaがおすすめ。

  • mobile時、pc時のみ表示できるCSS
  • テーブル
  • チェックボックス(ラジオ、セレクト)+ラベル
  • flexの組み合わせ(justify-content,align-itemsの組み合わせをあらかじめ作っておく)
  • 関数に関してはPC、SPをすぐに反映できるタイプのものにする。

-ドキュメント作成, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向設計 単一責任のクラスの設計

オブジェクト指向をするうえでの大事なポイントなど Contents1 単一責任のクラス設計1.1 メモ1.2 実際のコーディング上のコツ1.3 感想1.4 参考文献 単一責任のクラス設計 メモ 単一責 …

no image

Eclipseのシンタックスハイライト

先日PCがクラッシュした時にEclipseを入れなおしたんですが、普段あまり意識せずに使っていたのでhtmlのシンタックスハイライトをだすためだけに2時間ぐらい費やしました・・・自戒の意味も込めてメモ …

no image

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。 Contents1 …

no image

シェルの基礎+ユーザー切り替え関連

雑誌を見ていたらシェルの特集があったので、ちょっとメモリます。 補強したいところのみ要点をチェック。 Contents0.1 実行パスについて0.2 ビルドインコマンド0.3 シェル変数・環境変数0. …

no image

メモリに関して 静的領域、スタック、ヒープなど

実務でメモリの調査をしましたが、肝心のメモリについてほとんどわかっていないのでメモ。 メモリの領域を大きく分けると静的、スタック、ヒープに別れる。 Contents1 静的2 スタック3 ヒープ4 そ …