skillup

技術ブログ

PHP

PHPにおけるstaticキャッシュ

投稿日:

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。

PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

ここでも紹介しましたが設定情報の読み込みだったり、マスタ的な情報を保存しておく場合はmemcachedがベストだと思います。

ただ、もっと局所的な部分ではstatic変数を利用したキャッシュも使えます。

例えばループの中でデータベースからあるキーを元にデータを取り出したい。ただし、重複することもあり、その場合、何度もデータベースにアクセスしていると非常に時間と負荷がかかります。

このような場合、一度呼び出された値はキャッシュしておくと、時間と負荷を軽減することができます。

下記がコード例です。

参考リンク

http://phpspot.org/blog/archives/2011/03/webphp_1.html

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHPでのPDF出力 基本&日本語出力

今回はPHPでのPDFファイルの出力です。 Contents1 ライブラリ2 ソース3 参考リンク ライブラリ 使うライブラリはFPDFというライブラリです。 http://www.fpdf.org/ …

no image

Laravelでのアプリ間のログイン連携

実務でLaravelで複数のアプリを作成し、アプリ同士でログイン連携をさせるという機能が実務であったため、メモします。 例えばhttp://example.comという売上管理のアプリでログイン認証を …

no image

composer global require

composerでのglobal requireに関して。 composerでライブラリを読み込むとき、一般的には下記のどちらかで読み込むことが多いです。 composer.jsonに記述 compo …

no image

apacheで複数インスタンスの起動

前回のphpenvがらみの引き続きですが、php5.6と7を共存させ、なおかつWEBアプリで動かす方法を調べたところapacheの複数インスタンスがであれば可能だとのこと。 早速調べなんとかできました …

no image

phpのライブラリ(mcrypt)インストール

先日、ローカルで開発していたPHPをサーバーにアップして、composerでライブラリをアップデートしようとしたところ、”The mcrypt extension is missing. …