skillup

技術ブログ

デザイン

共通CSSに必要な要素

投稿日:

簡単な業務アプリだとBootstrapなどのCSSフレームワークを使うことが多かったのですが、不必要な機能があることもあり、自作で非常に手軽なCSSを集めてこれを共通のCSSとして使うことが多いです。

https://github.com/umanari145/css/tree/master/css_framework

これからも随時増やしていきますが、主に下記のような要素を入れております。

既存の処理の簡略化

margin-top:10pxmt10 など省略して書くことにより頻出処理を簡略化。

ちなみにtailwindというCSSのライブラリでも上記のような頻出処理を簡便なクラスで書くことができます。
https://tailwindcss.com/

メディアクエリ用

レスポンシブ対策用に手軽にスマホの時はdisplay:noneにするなど。

使用が多いかなと思うのは display:none と display:flex,display:inline-block ですかね。

頻出タイプのCSS

主にモーダルウィンドウ、スクロールテーブル、ローディングなどです。

ライブラリを使ってもいいですが、手軽なものを実装しておき、クラス一発でこれらを実装できるようにすると便利です。

PHPなどでもそうなのですが、難しいことを知っていることもそうですが、普段やっていることをより簡略化して、短時間でできるようにすることの方が費用対効果は高い気がします。

-デザイン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

レスポンシブサイト作成に関して

実務でレスポンシブを作ったので、そのまとめに関して。ちなみにPCのサイト自体も作ったことなかったのでそのまとめに関しても。 メインキャッチの処理は縦横の比率を変えない、常に要素を中央に配置するとなると …

no image

Bootstrapまとめ 主に段組み関連の知識について

自分はデザインセンスが壊滅的なので、Bootstrapにいろいろと頼っております。 最初は仕事でちょこっと使う機会があり、見よう見まねでやっていましたが、理屈がわからないと応用がきかないこともあるため …

no image

CSSのレイアウト例 その2 部分的な多カラムレイアウト

ナビのボタンや一覧のリスト項目などfloatを使ったいろいろなバリエーションについて。 例によってサイトが具体的にどうなっているかを知りたい方は「プロとして恥ずかしくない 新・CSSデザインの大原則」 …

no image

CSSのレイアウト例 その4 グリッドレイアウト

本日はグリッドレイアウトについて。 このサイトだけ見ても多分、デザインのイメージはわかないと思います(汗) サイトが具体的にどうなっているかを知りたい方は「プロとして恥ずかしくない 新・CSSデザイン …

no image

BrowserSyncを使ったホットリロードに関して

BrowserSyncを使ったブラウザのホットリロードに関して。 ホットリロードとは「エディタなどで更新があった際にブラウザがすぐに検知して、最新の状態に自動更新してくれる」状態にブラウザをすることで …