skillup

技術ブログ

PHP

xdebugに関して

投稿日:

PHPでお手軽にできるdebugツールとしてxdebugを。

利点

  • var_dumpの結果が非常に見やすい(単純ですがこれが一番大きい理由です。)
  • POST,GET,SESSIOn,SERVERなどの変数の情報をみることもできる
  • スタックトレースがでるため、エラーの発生場所がわかりやすい

インストール

インストールできたあとかきのメッセージがでます。

Build process completed successfully
Installing ‘/usr/lib64/php/modules/xdebug.so’
install ok: channel://pecl.php.net/xdebug-2.5.5
configuration option “php_ini” is not set to php.ini location
You should add “zend_extension=/usr/lib64/php/modules/xdebug.so” to php.in

この後/etc/php.iniに以下の文言を追加してapacheを再起動すればOKです。

参考リンク

Xdebugのインストール

Xdebug による var_dump の機能拡張

Xdebugを使い倒す5つのTIPS

 

 

-PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHPのPDF出力に関するエラー

PHPからFPDFなどを使ってPDFを出力するプログラムを書いたんですが、下記のエラーでかなり悩まされました。 FPDF error: Some data has already been outpu …

no image

Laravelでのアプリ間のログイン連携

実務でLaravelで複数のアプリを作成し、アプリ同士でログイン連携をさせるという機能が実務であったため、メモします。 例えばhttp://example.comという売上管理のアプリでログイン認証を …

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

PHPにおけるstaticキャッシュ

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。 PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。 キャ …

no image

cakePHPでのマイグレーション

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。 そ …