skillup

技術ブログ

Git

githubのremoteリポジトリへの登録

投稿日:

githubにgit pushしようとしたときにエラーがでたんでちょっとメモ。

githubに登録する場合、設定が適切でないと、

などで弾かれます。

この時は下記のような部分のチェックをしましょう。

user.name、user.emailは登録してあるか

入れていない場合は

などとして登録してあげましょう。

リモートリポジトリの登録の際にusernameを入れているか

usernameを入れていないと弾かれてしまうことがあるのでリポジトリのドメインの前にusernameを入れてあげましょう。下記のように書いて問題なければパスワードが聞かれますので、入力してあげればそのあとプッシュできるはずです。

githubの場合、アカウント名、ユーザー名を混同しないようにしましょう。set-urlに入れるのはアカウント名で、user.nameに入れるのはユーザー名になります。

参考リンク

http://succi.jp/blog/?p=1132

http://qiita.com/ritukiii/items/0d14df8f0253ca223373

-Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

git stash ~一時的な内容の保存~

gitでコミットせずに、作業を保存したいときがあるとおもいます。 例えばあるブランチで作業していて、実は今の作業内容が別のブランチでの反映が必要になったときなどです。 gitはブランチの切り替え(gi …

no image

Gitのブランチについて

ちょっといろいろと触っているGitに関して。 前回は作業ディレクトリ、インデックス、コミットについて説明したのですが、今回はブランチについて行います。 Contents1 ブランチとは?2 ブランチに …

no image

最新版のgitをソースから&git diffおさらい

Contents1 gitをソースから2 git diff gitをソースから gitはyumから入れてもいいんですが、バージョンが古かったりすると機能がいろいろと制限されるなどのデメリットもあります …

no image

gitのfetchに関して

gitでリモートの変更を取り込む場合、大きく分けるとfetchとpullがあります。 両者の違いですが、 fetch=一度、変更を取り込んで、ローカルの変更と相違点を確認できます。確認後mergeを行 …

no image

gitのfetch/merge/rebaseについて その2

以前、gitのfetch/mergeについての記事を書きましたが、理論的なことは書いてあっても実際に処理の流れをかいていなかったので、今回はそのことについてメモリます。 Contents1 競合が起き …