skillup

技術ブログ

Database

MySQLの大文字、小文字問題について

投稿日:

MySQLでテーブルを作る際にカラムに重複を許さない制約(unique)を振ることがあると思います。

数字の場合は問題ないのですが、文字列の場合、なんと英語の大文字と小文字が区別されません。

つまりaaaというデータを入力していた場合、AAAがユニーク制約に引っかかってしまい、入力できないのです。

回避するためにはカラムにBinary属性を付与させてあげればOKです。

書き方は以下の通りです。

参考リンク

https://colo-ri.jp/develop/2011/04/mysql-unique-lower-upper-case-problem.html

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQLインジェクション

セキュリティ関係の知識がぬるいのでちょっとお勉強。 知っていることもあるが復習もかねて勉強を。 Contents1 SQLインジェクションとは?2 被害3 対策4 参考サイト SQLインジェクションと …

no image

外部結合について 行列変換

今回から外部結合について学習します。 これはCASE式でもやった集合の考え方が大事になってきます。 例えば下記のようなテーブルCoursesとがあるとします。 name | course &#8212 …

no image

dbUnitの使い方

えーJavaで有名なテストツールDBUnitについて。 DbUtilではありませんので間違えないように。(私は最初間違えました・・・) まだ全然使い込んでるわけではありませんがどんなことができるかとい …

no image

正規化のデメリット

Contents1 正規化のデメリット2 本日のSQL 正規化のデメリット 正規化についていろいろ書いてきましたが、メリットもあればデメリットもあります。 メリットとしては データの不整合が起きにくい …

no image

サブクエリ 移動平均など

前回の応用編です。 日付、入出金、残高はできましたが、ここからさらに、現在のレコードから3行以内(3行あれば3行、なければそれ以内でできるだけ)のレコードの合計値を出す計算を考えます。 結果だけ先に書 …