skillup

技術ブログ

Database

MySQLの大文字、小文字問題について

投稿日:

MySQLでテーブルを作る際にカラムに重複を許さない制約(unique)を振ることがあると思います。

数字の場合は問題ないのですが、文字列の場合、なんと英語の大文字と小文字が区別されません。

つまりaaaというデータを入力していた場合、AAAがユニーク制約に引っかかってしまい、入力できないのです。

回避するためにはカラムにBinary属性を付与させてあげればOKです。

書き方は以下の通りです。

参考リンク

https://colo-ri.jp/develop/2011/04/mysql-unique-lower-upper-case-problem.html

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句について

本日はHAVINGについて。 かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。 WHEREとは違い、抽出した結果 …

no image

サブクエリの使い方

以前も少し学習しましたが、今回からはサブクエリの扱い方です。特に異なった行の比較(年度計算など)に関して行われる自己結合をつかったものが非常に強力です。 例によってここを学習しています。 下記のような …

no image

SQL サブクエリ

前回の問題をサブクエリを使って解きます。前年度の売上を出すのが一番難しいので、それを出す方法です。MySQLだとそもそも分析関数が存在しないので・・ [crayon-5bc7fce4e0b605238 …

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

dbUnitの使い方

えーJavaで有名なテストツールDBUnitについて。 DbUtilではありませんので間違えないように。(私は最初間違えました・・・) まだ全然使い込んでるわけではありませんがどんなことができるかとい …