skillup

技術ブログ

Database

SQLで数列を扱う

投稿日:

今回はSQLで数列を扱ってみましょう。
例えば下記のような0から9までの数字が書かれている数列があったとして、
これにより連番を作成してみましょう。

digit
——-
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

例によって自己結合をつかいます。

これだとちょうどd1の0~9に対してd2の0~9を掛け合わせることになりますので00~99の組み合わせがみれます。ただ2列にわかれていますので、これを1列で表記する場合には下記のようにしましょう。
下記SQLだと対象の数列は00~99ではなく1~100になります。

この方法でいけばもちろん何桁でも作れます。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

SQL サブクエリ

前回の問題をサブクエリを使って解きます。前年度の売上を出すのが一番難しいので、それを出す方法です。MySQLだとそもそも分析関数が存在しないので・・ [crayon-5c490e78066417773 …

no image

SQLの高速化について&explain

本日はSQLの高速化について。 高速化といってもさまざまなテクがあると思うのですが、代表的な考え方に関して。 Contents1 高速化に関して1.1 index1.2 ディスクアクセスを減らす1.3 …

no image

外部結合 応用編2

引き続き結合についてです。 Contents1 1対Nの結合に関して2 完全外部結合3 差集合(class_aだけに存在するものとclass_bだけに存在するもの)3.1 class_aのみ3.2 c …

no image

cakePHPでの直SQL

今回はCakePHPにて直のSQLを書く方法を。 cakePHPにて大概の処理はもともと備わっているコマンドでなんとかなりますが、まれに直SQLを書いたほうがらくなこともあります。 書き方その1 [c …