skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

locationディレクティブについて

投稿日:2016年12月11日 更新日:

nginxを実務で使うときに重要になってくるlocationディレクティブについて。

ここでは実際のlocationディレクトリとマッチするURLのパターンを見ていきたいと思います。

locationディレクティブ

下記の設定は http://website.com/admin/に適用されます。

=がつくパターン

= があると完全一致になります。

マッチ
  • http://website.com/abcd
  • http://website.com/ABCD(ただしOSによる)
  • http://website.com/abcd?qr1=6 (クエリがあっても問題はない)
マッチしない
  • http://website.com/abcd/ (スラッシュがあるため完全ではない)
  • http://website.com/abcde(末尾に余計な文字があるためダメ)

 修飾子無し

先頭部分が一致しているものが対象になります。

マッチ
  • http://website.com/abcd
  • http://website.com/ABCD(ただしOSによる)
  • http://website.com/abcd?qr1=6 (クエリがあっても問題はない)
  • http://website.com/abcd/ (スラッシュがあってもよい)
  • http://website.com/abcde(末尾に余計な文字があっても途中まで一致しているのでOK)

~(正規表現)

指定された正規表現とマッチするURIが対象となり、大文字小文字の区別がある

マッチ
  • http://website.com/abcd
  • http://website.com/abcd?qr1=6 (クエリは影響を与えない)
マッチしない
  • http://website.com/ABCD(大文字小文字区別するためNG)
  • http://website.com/abcd/ (末尾のスラッシュがあるため合致しない)
  • http://website.com/abcde(余分な文字が入っているので合致しない)

ちなみに下記のように~*となると大文字小文字を区別しなくなる。

^~(一致終了パターン)

修飾子がないときと同様で違いは合致した瞬間に他のパターンを探さない。

参考文献

Nginx入門

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

pythonのアップグレードに関して

pythonのアップグレードに関して。 python2.6だとpipがインストールされていないのですが、入れようとしてハマったのでメモ。 一般的なインストール方法ですが、下記のようになります。 [cr …

no image

nginxの設定ファイルの書き方に関して

Contents1 設定ファイルの構成と基本用語1.1 ディレクティブ1.2 コンテキスト2 基本的なディレクティブの遷移2.1 serverディレクティブ2.2 locationディレクティブ2.3 …

no image

自力での監視

Zabbixの勉強を進めていますが、マニュアル通りに設定していて、中で何をやっているかをあまり理解していなかったりします。 それだとちょっとまずいのでZabbixでの構築とともに自力での監視スクリプト …

no image

メモリー不足でのスワップ割り当て

先日、あるサーバーでcomposerをinstallしようとしたところ、 The following exception is caused by a lack of memory or swap, …

no image

Dockerfileでのコンテナ作成

dockerは通常はimageを取得し、コンテナを起動した後、自分独自にライブラリなどをインストールし、出来たものをcommitしますが、Dockerfileをつかえばこの一連の操作をファイルに記録し …