skillup

技術ブログ

PHP

ロケール情報について

投稿日:

本日、csvファイルを読み込む処理を行っていたんですが、コンソールからコマンドを打つと化けずに、ウェブ上で見ると化けるという現象が発生。

csv,プログラムともに文字コードがutf8で統一していることは確認しています。

いろいろ調べたところapacheの起動時にロケール情報がおそらく不正確ということでプログラムの冒頭に上記の設定をいれたら解決しました。

以前にもやった処理でしたが、理解を深くしていなかったため、これを機に調査。

ロケール情報とは?

OSが持っている多言語対応の仕組みのようです。OSが提供していますので、環境により若干変わりこれがコンソールから打った時とapacheで動かしたときの文字化けの有無かと思います。

PHPは文字列の扱いなどが統一されておらず各関数ごとに規格がバラバラのようです。

  • 文字エンコーディングを仮定せず、文字列をバイト列とバイトオフセットで扱う関数(substr, strposなど)
  • 内部エンコーディングに従うか、または引数で文字エンコーディングを指定する関数(htmlentities, mbstring関数全般)
  • ロケール設定に従う関数(本稿の話題、strcasecmpなど)
  • UTF-8など特定の文字エンコーディングを前提とする関数(u修飾子利用時のPCRE関数など)

上記のようにバラバラなため、内部の文字エンコーディングを統一しても化けることがあります。fgetcsvはロケール依存のようです。

そのため、このロケールを統一してあげないと化けることになります。※今回は発生しませんでしたが、ロケールにja_JP.UTF-8がないこともあるようです。

その場合、追加をすることになります。※リンク参照

参考リンク

PHPロケールに関するまとめ

公式 setlocale

PHPのfgetcsv()がsetlocaleしてもダメな時にやるべきたった一つの事

-PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHPのオートローディング

大規模開発では扱うファイルが増えるため、必要なクラスの読み込みが煩雑になるケースが多いです。 Contents1 従来のPHPのファイルのロード2 オートローディングとは3 サンプルソース4 メモ5 …

no image

Laravelの認証(独自テーブル仕様)

Laravelで独自の認証をしたいときに少々大変だったのでメモなどを。 *ディフォルトのテーブルはuserで認証項目もemailとpasswordと決まっています。 いじるところが色々ありまして、列挙 …

no image

コード静的解析ツールを使った際の気づきなど

最近のプロジェクトでコード静的解析ツール(phpcs,phpmd)を使った際の気づきなど コードを書きながら常時エディタがチェックするタイプのものでないとまず無理(保存するたびでも無理だし、コミット時 …

no image

composer global require

composerでのglobal requireに関して。 composerでライブラリを読み込むとき、一般的には下記のどちらかで読み込むことが多いです。 composer.jsonに記述 compo …

no image

Laravelのルーティングに関して

Laravelでのルーティングに関して。 惰性で使っていたんですが、これを機にしっかりと整理してみようかと。あくまで頻出パターンのみです。 ディフォルトだとroutes/web.phpが読み込まれます …