skillup

技術ブログ

Java

Optionalについて その1

投稿日:

Streamに続いて、Java8で新搭載された機能がOptional です。

Javaではnullの処理をいちいちしなくてはいけないのがいろいろと面倒ですが、Optionalの機能をうまく使うことで可読性の高いコードを書くことができます。

私もまだ調査中なので本当に基本的な部分だけ紹介します。

Optionalとは?

Optionalとはnullかも知れない値をラップできる、オブジェクトです。

通常の処理

現状、Javaでは値にnullが入っているオブジェクトに対して処理をしようとするとExceptionが発生します。

これを防ぐために下記のようなチェック方法があります。

nullチェックその1

ifでチェック

この場合、何も出力されません。

nullチェックその2

例外を使ってキャッチする方法もあります。

nullと出力されます。

Optionalの使い方

Optionalはこのようにnullの可能性がある値をラップします。

メソッドの説明ですが、
Optional.ofNullable()はnullかもしれない値を取得します。
isPresent()は存在チェックなのでbooleanを返します。
str1.get()は値を取得します。
今回の場合、一切出力はされません。(文字がある場合、表示されます。)

ラムダ式を使った使い方

なお、下記のようにラムダ式を使った表記も可能です。

まだ全然調べられてないのでとりあえず今回はここまでにします。

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日付けのメソッド

どのプログラムでも必須となる日付け処理。 言語が違うといろいろと面倒です。 とりあえず頻出のものを整理したいと思います。 Contents1 現在時刻の出力2 日付けの設定・取得3 日付けの整形4 文 …

no image

JPAでのリレーションに関して

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。 もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規 …

no image

文字列操作(String系)

Javaの文字列について書きます。 Contents1 StringとStringBuilder1.1 文字列の追加はStringBuilder1.2 文字列の参照はString StringとStr …

no image

サーブレットのスコープ

JavaEEではスコープアノテーションによって変数のスコープを使い分けられたのですが、サーブレットの場合はプログラムの中で使い分けます。 通常はページ、リクエストとセッション、アプリケーションぐらいで …

no image

Seleniumの値基本動作まとめ

以前、「Seleniumでの画面テスト」というエントリーでのテストフレームワークとして、Seleniumを紹介しました。 上記のエントリーですが、単なるインストールと基本的な起動、簡単な文字入力ぐらい …