skillup

技術ブログ

Java

Optionalについて その1

投稿日:

Streamに続いて、Java8で新搭載された機能がOptional です。

Javaではnullの処理をいちいちしなくてはいけないのがいろいろと面倒ですが、Optionalの機能をうまく使うことで可読性の高いコードを書くことができます。

私もまだ調査中なので本当に基本的な部分だけ紹介します。

Optionalとは?

Optionalとはnullかも知れない値をラップできる、オブジェクトです。

通常の処理

現状、Javaでは値にnullが入っているオブジェクトに対して処理をしようとするとExceptionが発生します。

これを防ぐために下記のようなチェック方法があります。

nullチェックその1

ifでチェック

この場合、何も出力されません。

nullチェックその2

例外を使ってキャッチする方法もあります。

nullと出力されます。

Optionalの使い方

Optionalはこのようにnullの可能性がある値をラップします。

メソッドの説明ですが、
Optional.ofNullable()はnullかもしれない値を取得します。
isPresent()は存在チェックなのでbooleanを返します。
str1.get()は値を取得します。
今回の場合、一切出力はされません。(文字がある場合、表示されます。)

ラムダ式を使った使い方

なお、下記のようにラムダ式を使った表記も可能です。

まだ全然調べられてないのでとりあえず今回はここまでにします。

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Fileのアップロード

業務でCSVのアップロードを行っていますが、ファイルになりますと当然文字列ではなく、バイナリ形式のデータが必要になります。 アップロード自体の処理を書いていなかったので、その扱い方についてちょっと書い …

no image

Messageプロパティの設置方法

JavaEEに限らず、エラーメッセージなどは通常、プログラムの中に書くのではなく、できればエラーメッセージファイルの中で管理するのが望ましいでしょう。 またJSF側の名称の表示なども直接xhtmlの中 …

no image

動的な置換

前回、置換に関する記事をまとめましたが動的な置換について勉強する機会があったのでまとめておきます。一般に置換表現というのはほとんどが静的なものかと思います。 例えば <intpu type=&# …

no image

JSFとManagedBeanがバインドされない

JSFとmanagedBeanはEL式.プロパティでバインドできますが、専用のタグを使わないとバインドされません。 managedBeanでtestというフィールドがあった場合、 JSF側で [cra …

no image

JSFでのjQuery

JSFでのjQueryの取得 以前、Seleniumに関連したエントリーを書いたときにJSFではidが親要素を伴うと書きました。 例えば <form id=”form1″ …