skillup

技術ブログ

プログラミング全般

テストのダミーデータ作成

投稿日:

データベースに大量のデータを作りたいときにいつもあああやhoge,aaaですとデータという感じがしないですし、抽出や集計ができません。

なるべく自然に近いデータが欲しいのですが、簡単に作れる方法があります。

WEBサービスの利用

ダミーデータを簡単に作れるWEBサービスがありました。

http://kazina.com/dummy/index.html

http://hogehoge.tk/personal/

これらで数百件ぐらいのデータならすぐ作れます。

あとはExcelやエディタで整形、置換を繰り返して、SQLに変換してMySQLに入れてしまえばいいかと思います。

MySQLの利用

自然なデータを作ることは上記のようなWEBサービスしかできませんが、ランダム系のデータや4択ぐらいならMySQLで簡単に作れます。

MySQLの場合、数十万件以上のデータを作ることもできるのがありがたいですね。

各種ランダムデータの作り方

このようにランダムデータを作ることができますのでプライマリーキーのみをいれた空のデータを作ってのちほどUPDATE文を書けるか、csvに落とすとよいと思います。

ちなみに下記リンクを参考にしました。

https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/4730

http://blog.livedoor.jp/qoozy/archives/52638309.html

-プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向について その1

ちょっと最近、仕事でソースの書き方がいい加減になってきたのでオブジェクト指向について考え方を再確認しようと思います。 参考文献 SoftWareDesign 2015年9月号 何も考えずにプログラムを …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

オブジェクト指向について その2

前回のエントリーのように、データとロジックを一体で考えるのは、処理状の有効性のみならず、よりユーザー側に近い処理をかくということにもつながります。 日付の問題に関してもintやshortよりはLoca …

no image

オブジェクト指向 アプリケーション間連携(主にWebAPI)

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日はプレゼンテーション層、いわゆるMVCのViewにあたる部分。 Contents1 アプリケーション間連携(主にWEBAPIに関 …

no image

コードの抽象化

リーダブルコードも終盤に少しずつ近づいてきました。 今まではどちらかというとコードの点や線の技術に注目してきましたが、これからは面的な要素に注目していきます。 リーダブルコードでは「無関係の下位問題を …