skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

VPSのCentOS上にVirtualBox+Vagrantをインストール

投稿日:2015年12月15日 更新日:

普段使っているPCにVirtualBox+Vagrantをいれることはあったんですが、VPS上のCentOSに仮想環境を入れたいとの要件があり、試してみました。

結論からすると結局できなかったんですが、そこでわかったことなどをメモしておきます。(centOSは6、7両方で試しました。)

全体の参考リンク

CentOS 上で Vagrant を導入するまでのメモ(CUI)

dkmsのインストール

VirtualBoxをいれるにはvboxdrvといわれるカーネルモジュールが必要になります。

dkmsとはこのカーネルモジュールのアップデートを助けるフレームワークのようです。

VirtualBoxのインストール

dkmsをインストールしたあとに、VirtualBoxをインストールします。

Vagrantのインストール

これで通常なら起動するようです。

エラー対策

が、ここでvirtualboxが動きませんでした。

おもむろにVagrantを使おうとしたが躓いた

Ubuntu VirtualBox その42 – VirtualBoxのカーネルモジュールの手動ビルドが動作しない現象

を実行するも全く動かなかったので、検索で見つかった情報があり、下記コマンドを実行しました。

ちなみにcentOS6では下記コマンドで稼働しました。

ただ、下記のようなエラーメッセージがでて動かず。

ログをみると

カーネルのディレクトリがわからないとでているので、下記で実行し反映しました。

Linuxの環境変数を設定した。

Linux(CentOS)にパスを通す方法

CentOS に VritualBox をインストールする

これで再起動しましたが、結局うごきません。

カーネルのバージョン違い?

このあと、カーネルのヘッダーのバージョンが違うからか?と思ったのでシンボリックリンクをはったのですが、結局解決せず。(エラーメッセージ変わらず)

CentOSでLinuxカーネルヘッダー違いでVirtualBox DKMS 起動がこける時の対応

ちなみに

uname -r  2.6.32-042stab108.8

カーネルヘッダーの場所は

です。

このあとカーネルのヘッダーのバージョンアップなども行いましたが、ダメでした・・・

バージョンアップ自体ができず「パッケージ kernel-devel-2.6.32-042stab108.8 は利用できません」という冷たいメッセージが(汗)

DKMSのビルドエラー

CentOS6.6へのVairtualBox と Vagrantのインストール

LinuxMaster.jp CentOS6.4をLinuxカーネル3.10.0にアップデートしてみました(カーネル再構築)

CentOS6.7 カーネルアップデート

うーんVPS上で仮想環境構築は無理なんでしょうか・・・とりあえずここらへんであきらめてギブ。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


  1. vagrant より:

    参考にさせて頂きました。
    同じエラーになりましたが、下記で解決しました。
    下部参照のこと。

    https://forums.virtualbox.org/viewtopic.php?f=7&t=61773

    ↑を見て、下記のコマンドを試したところ、変わらず。
    /etc/int.d/vboxdrv setup KERN_DIR=/usr/src/kernels/ls /usr/src/kernels

    上記を下記に変更したらいけました。
    env KERN_DIR=/usr/src/kernels/ls /usr/src/kernels /etc/init.d/vboxdrv setup

    • matsumoto より:

      vagrantさん

      初めましてmatsumotoです。

      >https://forums.virtualbox.org/viewtopic.php?f=7&t=61773
      >↑を見て、下記のコマンドを試したところ、変わらず。
      >/etc/int.d/vboxdrv setup KERN_DIR=/usr/src/kernels/ls /usr/src/kernels

      >上記を下記に変更したらいけました。
      >env KERN_DIR=/usr/src/kernels/ls /usr/src/kernels /etc/init.d/vboxdrv setup

      ありがとうございます!

      こちら結局できずに、あきらめておりましたが、vagrantさんの情報を元に
      再度チャレンジしてみますね!

  2. vagrant より:

    コメントの一部がちゃんと反映されていなかったので、補足。

    上記コマンドls /usr/src/kernelsの部分はソースのURLのコマンドの通りバッククォートで囲って下さい。
    それか、$(ls /usr/src/kernels)にして下さい。

    • matsumoto より:

      vagrantさん

      >上記コマンドls /usr/src/kernelsの部分はソースのURLのコマンドの通り
      >バッククォートで囲って下さい。
      >それか、$(ls /usr/src/kernels)にして下さい。

      たびたびありがとうございます!!

      最近はあまり時間がとれないのですが、別の機会でこのネタを使いたいので、その時にぜひこの方法で試させていただきます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ファイル一括検索 xargsを利用した置換

実務でよくあるファイル一括置換。 sedに関しては以前も触れましたが使用範囲は多いですね。

ちなみにオプションがすごく大事でxargs …

no image

自力での監視

Zabbixの勉強を進めていますが、マニュアル通りに設定していて、中で何をやっているかをあまり理解していなかったりします。 それだとちょっとまずいのでZabbixでの構築とともに自力での監視スクリプト …

no image

ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。 Contents1 ホストの指定2 ユーザーの追加2.1 変数を別ファイルに2.2 パスワードのハッシュ化2.3 パスワードなしでsudo2 …

no image

zabbixオリジナルアイテム&トリガー

zabbixは標準でもかなりのアイテム&トリガーが入っていますが、オリジナルなものを入れたいときも当然あるかと思います。 そんなときにオリジナルのアイテム&トリガーを入れることができます。 実務ではg …

no image

phpenvで入れたphpの起動スクリプトに関して

以前、CentOS7.7にphp5.3を入れるという案件がありましたが、yumなどでは入らないため、phpenvで入れました。 phpenv5.3+php-fpm が、起動スクリプトを配置していないこ …