skillup

技術ブログ

PHP

cakePHP小ネタ集(Authの複数認証)

投稿日:

最近よく触っているcakePHPの小ネタなど。

Authコンポーネント 複数の認証

一つのシステムの時に、認証が2つある場合、例えばECなんかで管理者と顧客の2パターンの認証を使うケースです。

この場合、それぞれの管理画面でbeforeFilterの時点で各モデルのセッションキーを持たせておけばOKです。

詳しくは下記リンクを

http://culdesac.verse.jp/?p=53

これをしておかないとユーザー側でログインしている状態の時に間違って管理画面側のURLにアクセスするとなんと認証が通ってしまいます。要注意。

上記は非常に簡単な例ですがもう少しurl構造などにも配慮したい場合は下記リンクの方法などが使えます。

http://wataame.sumomo.ne.jp/archives/3782

http://d.hatena.ne.jp/pospome/20130810/1376132512

自動のdivタグを出力しない

Fomrヘルパーのinputメソッドは通常だと、divタグも出力されてしまいます。

これを出力しないためには第二引数の中に’div’=>falseをいれてあげればOKです。

細かくレイアウトを組みたいときに何気に邪魔です(爆)

Cakeでのプルダウン作成

わかりやすいリンクがあったのでこちらで。

参考リンク

http://wataame.sumomo.ne.jp/archives/3823

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cakePHPでのCSVダウンロード

cakePHPにてCSVのダウンロードなんぞを。 以前このエントリーでCSVダウンロードに関しては取り扱ったのですが、 ボタンを押す ファイルダイアログが開く パスを選ぶ 意図したデータを正常にダウン …

no image

composer最低保証のバージョンを管理

自分の開発端末ではPHPのバージョンが7.1何ですが、上げなければいけないサーバーのバージョンが7.0だったりして、

みたいなエラーが …

no image

Angularでのイベント+改行+echoでのバッファサイズ変更

Contents1 Angularのイベント処理2 Angularでの改行ネタ3 echoでのバッファサイズ変換 Angularのイベント処理 Angularを使っていて楽なのはHTMLタグにインベン …

no image

inotifyによる検知

以前、pynotifyというpythonの検知プログラムを書きましたが、元々はinotifyというLinux上のパッケージのライブラリが元になっています。 以前調べたリンク 監視検知処理に関して 実務 …

no image

laravelでの名前空間変更

laravelでの名前空間変更について。 laravelでモデルの場所はディフォルトだとapp/直下に作られます。 これをapp/Modelというディレクトリを作ってnamespaceを正常に定義した …