skillup

技術ブログ

Java

StreamのMap処理

投稿日:

Javaのstreamですが知れば知るほどいろいろな機能がありますね。

基本的にプログラムって配列(コレクション含む)とオブジェクトの処理が中心になるので、配列の処理をいかにうまくできるかは非常に大事です。

Javaは当初、配列関連のライブラリが貧弱やなーとかおもっていたんですが、streamを調べてみるとすごくいろいろなことができてビックリ。

例えば下記のようなデータを区切り文字で一気につなげることができます。

これを下記のように変換したいとします。

上記のようなマップがあったとして下記のような変換で変えることができます。

Mapのなかに入っているオブジェクトはname,age,prefのみとし、このオブジェクトをPersonとします。

Map<String,List<Person>>[personPrefListMap]を Map<String,String>[personPrefList]にしたいとします。

この処理がこれだけの行数でかけてしまうのが驚きです。

本来は1行でかけるのでしょうが見やすさと自分のスキルを考えて今は上のように書いておきました。

ともかく便利すぎです・・・

ちなみに下記にはもっと詳しい解説があります

http://www.ne.jp/asahi/hishidama/home/tech/java/stream_example.html

-Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

netbeansのJPQL補助機能

JPAでは基本的に生のSQLではなく、JPQLを使って書きます。 SQLでもタイプミスにイライラさせられることは多いのですが、JPQLはもっとですね・・・爆 そこで使えるのがNetbeansの入力補助 …

no image

フィールド以外のプロパティをエンティティに持たせる

JPAでは基本的に1テーブル、1クラスです。 このためプロパティは必然的にテーブルのフィールドに対応しています。 ただ、必ずしもプロパティだけでなく、臨時で持たせておきたい、プロパティがあったりします …

no image

BeanUtilsについて

以前このエントリーでも紹介しましたが、BeanUtils、思った以上に使い方が幅広いです。 Contents1 クラスからクラスに2 マップからクラスに3 クラスからマップ4 特定の値の取り出し5 リ …

no image

String,Integer,Booleanの相互変換

データベースにはbooleanでデータが入っているのに画面では0か1の数字でないと表示ができないときなどがあると思います。 そんな時に文字列と論理値、あるいは文字列と数値、数値と論理値の変換などをする …